ー様々な製品に使用されている言葉無添加とはいったいどんなものなんでしょうかー


タール色素、人工着色料、人工香料の不使用、無香料・無着色、界面活性剤の不使用や石油系界面活性剤、人工的な保存料など

 人の肌に悪影響、もしくは害を及ぼす原料の不使用の製品が一般的に無添加コスメを名乗っています。

 ただ日本では薬事法(法律)などで表記基準がありません。

 そのため一部の添加物を除いた事で無添加を記載し名乗っている製品も残念ながらあるようです。


ー添加物はなぜ使われるのでしょう


・長期間保存か可能であること(腐りにくい事)、原料が安価である事、大量生産製品を安く作れる事、などが理由とされます。

 パッケージの裏を確認すると、原料の配合が多い順番で並んでいますので購入前にご自身で確認が可能です。

(内容を記載する事は薬事法で定められています)