· 

アルガンオイルとサボテンオイルを比べると。

アルガンオイルとは、アルガンの木の実の中にある [種] の [仁] を取り出し、集め抽出したオイルです。昔は村の村長さんの家にオイルを絞る器具があったそうです。

お肌の保湿に良く、食用としてもモロッコの食卓に並びます。

香ばしくて美味しいです。パンに付けたりパスタにかけたり、モロッコの人たちは大好きです。

(食用は、オイルを絞る前に火で炒ってしまい酸化させるので、化粧品には不向きです) 
サボテン種子オイルは、アルガンオイルに比べるとかなりの新参者。私が知ったのは8年程前、その数年前からモロッコで生産が始まりました。
個人的にはどちらも良いオイルだと思います。植物の恵みですね。
成分はカクタスオイルの方が優れています。
アルガンオイルはお肌に少し残る感覚、多少のべたつきがあります。オイルの特徴です。

(☆浸透の良いアルガンオイル誕生しました→こちら
カクタスオイルはスッと馴染み、アッという間になくなる感覚。オイル特有のべたつきを感じないので、オイルの苦手なかたにおすすめです。

どちらが良いのでしょう?
ご質問いただくのですが、用途によって使い分けをおススメしています。

わたしたちは、顔にはカクタスオイル、身体にはアルガンオイルにハーブを入れたものを愛用しています。

これがとても良くて、ハーブを配合したボディオイルを開発予定です。しっとり潤い、植物エッセンスでふんわり香る。

そんなイメージです。

早くみなさまにお届けできるよう頑張ります!