· 

紫外線と乾燥ーーじわじわくる紫外線の怖さ

梅雨になり、肌寒く感じるかたも多いと思います。

身体の反応と肌の反応は繋がっています。

6月は気候の変化で肌へのストレスも多い季節、そして紫外線も強い時期です。

紫外線は「眩しい」「防御しなくては!」と

身体が感じてしまうと、シミや乾燥からくる小じわの原因にもなるので、しっかり対策したいもの。

また紫外線はガラスも通してしまうので、室内でも安心できません。


紫外線が肌にあたえる影響

紫外線を浴びた肌は

衰える。肌の老化現象を速めてしまう。肌の老化は紫外線対策をすることで各段に防げます。

肌本来のバリア機能が低下してしまう。

肌の防御機能が過剰に働いてしまう。過剰に働いたエネルギーはシミやシワの原因になります。

DNAを破壊する。紫外線は瞬時に細胞にダメージを与えます。ちょっとの油断で後悔しないよう対策しましょう。


紫外線カットと保湿力が未来のお肌を作ります。

乾燥する季節向けに、保湿マスクとして開発したモロッカンカクタスオイルマスク。

アクアセリアという希少土塁より抽出された、紫外線カット効果がある成分が含まれています。

UV-A、Bも、顔の表面でミラーの役割を発揮し反射してくれる優れもの。

お客様から教わったのですが、

メイクの上にうっすらマスクを塗布すると、紫外線カットにもなり保湿してくれます。

昼間にも活躍してくれるんです!

※マスクが乾いたあとは、擦らないでください。膜になるよう設計されていますので、摩擦に弱くぽろぽろ剥がれてしまいます。

しっかり対策して一年中乾かない、衰えなんてどっかに忘れた、潤い肌を目指しましょう。