· 

モロッカンカクタスオイルのクオリティ

モロッコ南部のサボテンの産地、大西洋に面した土壌は昔からサボテン栽培が盛んでした。

クオリティの良いサボテンを求め、南下するとそこはサボテンの実も葉の部分もふっくらと育っており、

見た目からも栄養分の豊富さは伝わってきます。

現地のベルベル人はサボテンを活用し共に生活をしてきました。

サボテンの実の食用は7月に収穫します。美味しくってみんな大好きです。

モロッカンカクタスオイルを抽出する実は、大きく育つのをゆっくりと待ち、一つ一つの実の収穫を育ったサイズで見極め、大事に摘み取ります。

オイルに使用されている種子は3種類のサボテンの種子を混ぜそこから抽出されています。

3種類の実はローカル(現地名)の呼び名があり、育つ時期と収穫時期がそれぞれ少しづつ違います。

3種の実の種子は全て品質が高く、また3種の種子を配合する事で個々の有効成分を生かし、お肌に効果的で有効なオイルが誕生します。

収穫し、実と種子を分ける作業はとてもハード。

沢山の女性が工場に集まり、丁寧に素早く工程をこなしていきます。

分けられた実の部分はジュースやジャムへ。

取り出された種子は、洗って乾燥させ、人の手でゴミや石、サボテンの花やどげが混入していないか、なんども細かくチェックして行きます。

 

手伝わせてもらったのですが、神経を集中する作業でとても大変でした。

お茶の時間に、タップリお砂糖を入れたミントティとモロッコのパンを頂くのがわかります。

頭と身体をフル回転する作業。

この工程を一緒にさせてもらうと、更にオイルを大事に使用したいと強く思いました。


写真は手作業にて取り出された石や花やトゲ。

 

品質と作業工程の素晴らしさが揃えば一番である理由も自然と出てきます。

自然環境の中、サボテンの状況を毎年観察しベストな状況を見極め植物を常に寄り添い出荷しています。

 

モノがあふれている今、私たちが生み出すものは土に帰り、

植物の循環を考えゴミや無駄を出さずそしてクオリティも

世界No,1。

長く植物学を学んだ生産者だからこそ生み出せたオイル達。

 

そんな生産者の気持ちに恥じない製品をお届けしたい。

私たちの切なる思いです。