· 

カクタスオイルの偽物?その①

先日アルジェリアとモロッコを旅した女性からカクタスオイルについて質問を頂きました。

カクタスオイルと書いてあるけれど、色や香りが全然違った!どの町に行ってもどれが良いのかわからず悩んでしまった。。。

香りがモロッカンカクタスオイルと全然ちがったとのお話でした。

以前も書きましたが残念ながら、流行ったりその製品に高額な取引があることがわかると、どうしても登場するのがまがい物、質の悪いもの、薄めたもの、、様々な方法で稼ごうとする方が登場します。(本当に悲しい。。)

心配なのは販売者を信じて購入し、質の悪いオイルや本来の成分とは違う物を買ってしまい、お肌が荒れてしまったり、深刻なトラブルにまで及んでしまったお客様です。先日新しい原料を探しに海外の新しい工場を回った時に感じたのは、ナチュラルという言葉の使い方。ナチュラルだから安全です、自然なものしか使用していません。自信を持って言われると、、そうなのかな。と信じてしまう。しかし香りや使用感を確認し、パッケージの裏をしっかり確認するとナチュラルではなかったり、また全然違う製品だったりと驚く事もあります。海外の商店街で、薬品の瓶に入ったオイルが並んでいて、「おっ!カクタスオイルって書いてある。見た事ないメーカー!買ってみようかな。」と地元の友人へ聞いたら、中国から輸入していて、オイルの色は透明で。。そっと棚へ戻しました。

 

「カクタスオイル」は弊社が日本で使い始めた言葉です。社名にもしています。カクタス→サボテンの事なので、カクタスオイルは実の種の事の意味で使用される事が多いですが、サボテンの茎から抽出するエッセンスや実の果肉を使用した製品も「カクタスオイル」入り、などと表現したりすることもあります。

 

また自然派な化粧品が全て良いというわけではありません、植物の力が強すぎて、使用方法を間違え、肌にダメージを与えてしまう成分も存在します。日本国内でも検査の通していない製品や、オイルに何かを混ぜた製品、安価な原料と混ぜ薄めたもの、、などなど日本の薬事法を無視した商品を使用してしまい、お客様のお肌が深刻なトラブルになった場合、法律を守らない販売者は責任を取ってはくれません。責任は購入された時点でお客様自身が了承し使用された。という認識になってしまう事もあります。

 それらを使用したばっかりにサボテン種子オイルがお客様にとってのトラウマ、風評被害が起きてしまったら、私達のサボテンオイルも嫌われてしまうんじゃ。。恐怖です。涙

日本の薬事法はお客様(消費者)を守る為にある法律です。以前、役所の方とお話するタイミングがありました。(東京都健康安全研究センター)輸入販売の資格を持たない方が、海外から輸入した化粧品をネットやフリマで販売しトラブルになっている事も多いとの事でした。

 

海外の化粧品などを雑貨扱いで国内の検査もせず、販売をしている個人や業者は意外と多く、取り締まりが追いつかず、トラブルや消費者センターなどへ通報が入ると訪問し行政指導するそうです。2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金、またはこの両方が科せられる。)

行政指導は違反した業者を罰する為にあるのではなく、お客様(消費者)を守る為の法律です。親身に答えてくださいます。欲しいと思っていた製品を安価に手に入って嬉しい!気持ちがお肌のトラブルを起こしてしまった。それこそ気持ちもすり減り、余計な時間と手間、お金もかかってしまいます。

 

良い製品を、喜んでもらえる製品をお客様にお届けしたい。そんな気持ちをお持ちで、まさか捕まるとは思わずに薬事法を無視し、トラブルなんて起きるわけがないと、気軽な気持ちで販売している個人や販売業者もいらっしゃるのも事実です。しかし、薬事法を無視することは危険なんです。余計なお世話かもしれませんが、販売している方にこそキチンと責任の所在地を知ってもらいたい。

オイルのニセモノのお話から、製造側の話にもなってしまいましたが。。最終的にお肌と身体を守るのは、使用されるご自身です。私達の製品は原料となるサボテンの生産から、発売する日本まで、すべての工程を把握し製造しています。自然から頂くものなので、毎年の雨量や天候で香りも少し違います。(毎年変化する香りも楽しんで頂きたい)植物の力を頂き結果の感じて頂ける製品を目指し日々開発、販売をしています。