· 

肌カサカサ(お肌と身体)

一番多い要因はもちろん乾燥です。お肌のバリア機能が低下し過敏になってしまっています。

お風呂やシャワーのあと、洗顔後などお肌がつっぱりガサガサ、ごわごわ、皮膚がむける、粉をふくなど、

バリア機能が低下したことで少しの刺激にも反応してしまう状態です。

 

<原因はなんでしょう>

健康なお肌は、皮脂と水分で構成された皮脂膜でバランスを保っています。

皮脂の膜はバリアとなって、外からの刺激からお肌を守ってくれています。

水分、油分の健康比率が崩れてしまうと、正常に守られていたお肌はバランスを崩し機能が低下してしまい、

様々なトラブルを引き起こします。

<外と内側のケア>

お肌を外からオイルやクリームで保湿することは、とても大切です。皮膚を擦らないように洗顔し、温めるようにゆっくりハンドプッシュ。特に繊細な目元には優しく伸ばしてください。

お肌の準備が整ったら、身体の内側から保湿 (水分を与える) しましょう。

 

しっかり睡眠はとれていますか? 十分にお水は飲めていますか?

本当に基本的なことなのですが「元気だから」「仕事が忙しいから」とついつい働いてしまう。

頑張っている人ほど、休むことに時間をさくことに慣れていない気がします。

 

肌荒れは身体の一つのサインです。

ご自身の身体はご自分しか休めることが出来ません。

がんばった自分を労り、自分自身に時間を使い、栄養価の高い食事とリラックスできる時間を持つこと。

とても大事です。

私たちダバブのスタッフも「リラックスする時間を持つこと」をモロッコの友人たちから学びました。

モロッコの人たちは、家族との時間がとても大切です。忙しくても、家族や友人とゆっくりしたり、昼間は暑いですからお昼寝したり (モロッコの家は、お客様がそのままごろんとできるようなお部屋の作りになっています)

またはランチに家に帰ったり、涼しくなってから働いたり、とても自由です。

自分の時間をどのように使うか、自然と出来ているんですね。

日本ではなかなか容易ではないかもしれませんが、自分だけの時間を確保するよう心がけるだけでも日々違ってくると思います。

 

身体を休めて、肌荒れを治すのはとても理想的です。

頑張った自分へ、さあ、来年はもっと自分を労わるぞー!と目標にするのも良いのではと感じた年末。

 

本年はたくさんのお客様との出会い、ショップ様、サロン様、たくさんのかたがたに支えていただいた一年でした。

心から感謝いたします。

2020年も安心してご使用いただける製品であること、実感できるオーガニックであること、どこかで誰かのお役に立てる製品を発信していきます。年明けには新しい製品を発売予定です。

みなさま、良いお年をお迎えくださいませ。