· 

記憶と香りの関係

ある香でフッと記憶が鮮明によみがえる。

「プルースト効果」というネーミングが付いているそうです。←知りませんでした。

フランスの作家、マルセル・プルーストの小説「失われた時を求めて」の中で、ある香りを嗅いだことで記憶がよみがえる一節があり、そう呼ばれているとか。

 

香りをキャッチした時、記憶がフラッシュバックする、誰しも経験したことがあるかと思います。

 

祖母の家の香り、昔の恋人の香水、母の料理の美味しそうな匂い、など人によって様々な香りと記憶の密接な関係があると思います。

 香りは唯一脳に届くと言われています。

 

鼻からキャッチした香りは、鼻の内部から脳の下部に沿っている嗅球(キュウキュウ)で最初に処理され、感情と記憶に関与している脳の領域「海馬」と「扁桃体」と直接繋がっています。(扁桃腺と漢字が同じなのは形状が似ている為)

 

〈写真はモロッコの海辺のホテル。モロッコの香りは私にとってスパイシーと果実、土がドライに混ざった香り〉

ご自身の大切なイベントや思い出を脳にしっかりと刻みたい時には、新しい香りと共にスタートするのも面白かもしれません。

あの時、こうだった、何が美味しくて、誰と初めて会って。。

その時の体感した香は一緒に思い出として脳(記憶)に刻まれるからです。

 

ウイルスの影響でどうしても自宅にいることが多くなっている日々。

すぐに旅には行けないけれど、深呼吸して、ご自身の大好きな香りを香ってゆっくりした時間をつくる。

 

香りを身体にまといリラックスや、刺激(身体を活性化)を生み出したり。

少しのケアが日々の身体、心の状態を好転して行きます。

 

私たちが生み出す製品はお肌に栄養がある、保湿する。などの効能の部分だけではなく、

植物本来の香りや温度など、ご自身のお肌で体感して頂ける製品を作っています。

 

とても素敵な美容ライターの女性がモロッカンカクタスオイルを使ってくれた時に思わず発してくださったワード。

 「感じるコスメ」という言葉を先日いただきました。(嬉しい。涙)

 

現在、ストレスやモヤモヤが溜まっているともし感じるなら、ご自身がリラックスできる香りをまとって

数分で良いので、自分と対話する時間を作るのも良いかもしれません。

 

私たちがモロッコの女性植物学者と生み出したシトラススムースオイル。

柑橘系の香りがお好きな方へ特にオススメです。

脳をフル回転させて働いている方へも、緊張をほぐし鎮静する作用があります。(アトラスシダー&バーベナがイイ!)

 

心にスッと入る。リフレッシュ&リラックス。ご自身の身体を一番労れるのは自分自身。

心を解放する時間をこのタイミングで作る!天然の香りは本能を刺激しすぐに出来るリラックス方法。

認知症予防や、最近忘れっぽくなったなぁ、なんて方にも天然の香りはとてもおすすめです。