小さな小瓶に入ったオイルとの出会いからはじまった

私自身が幼少期より乾燥からおこる肌のトラブルに悩み、肌に良いと聞けば様々な製品を購入しては試す日々でした。

お肌の乾燥や老化が進む事への不安や恐れる気持ちが年々強くなり、

「今、こんな乾燥している状態で10年後はどうなっているのだろう。。」といつも悩んでいました。

いろんな製品を試していく中で、私にとっては高価なブランドの美容液がなんとなく効いている気がして大事に使い続けていた時期に偶然知ったのが、当時の日本ではまだ無名なモロッコ産アルガンオイルでした。

顔に付けるには香は強く気にはなるが、オイルを使用するとお肌が保湿され、自分の肌には合うと感じそれからはアルガンオイルを使い続けました。

アルガンオイルを使い続けて3年ほど経過したころ、友人を通じてモロッコ在住の方より

「現地でも希少なオイルが1本だけ手に入ったから美容のわかる方に渡して欲しい」

と偶然頂いたのがサボテン種子オイル(カクタスオイル)でした。

当時の私は美容がわかるわけではなかったけれど、モロッコのアルガンオイルの良さはわかっていたと思います。

 

早速その夜アルガンオイルのかわりにカクタスオイルを使用して就寝しました。

オイルなのにスッと肌になじみベトベトしない。嗅いだ事のない独特の香りだなぁと思ったのを覚えています。

翌朝鏡を見た時に、驚きました。

乾燥していたお肌はツヤが出ていてふっくらとしていて柔らかい。

すぐにどこで購入できるのか調べたところ当時の日本国内ではどこも扱いがなく、出てくるのはフランス語のページのみで愕然。。

目の前の小瓶を見つめてまず思ったのが「このオイルが無くなってしまったらどうしよう。。」

という思いです。

自分がずっと使いたいなら、自身で直接輸入すればずっと使えるのではないか。本当に単純でした。

オイルが無くなってしまう不安な気持ちが私とモロッコをつなぐ生活の始まりでした。

   ラクダも移動中。

        夏になると路上で販売しているサボテンの実。メロンとスイカの間のような感じで美味しいです。