~MOROCCOのスパ・ハマム~

ハマム(Hammam)とは。。

日本でいう公衆浴場です。

歴史は古く、皆で汗を流し、人々の癒しの場として昔から提供されていました。現在もそのスタイルを残し、ローカルハマム、町のエステサロン的ハマム、ホテルの高級ハマム。

様々なタイプのハマムが存在しています。

 

ハマムに入ったら、流れは基本的に一緒。

熱い蒸気で身体をほぐしジェル状のサボン・ノワール(オリーブオイル石鹸)を身体につけ、スチームの中しばらく放置。石鹸を流した後に台の上で垢すりをしてもらいます。

垢すりのあとはガスール(ミネラルを多く含んだクレイ粘土)で全身をパックし乾くまでしばし放置。ガスールは毛穴の余分な皮脂や老廃物を取り除きクレンジング効果が高く、ワントーンお肌が明るくなります。

乾いたクレイをしっかり流した後に、アルガンオイルを全身に付けしっかり保湿。ホテルなどではその後、別室へ移動し休憩。ミントティやお水など頂きます。

身体の芯から温まる事でリラックス効果が高く、モロッコの友人が、「早くハマムに入ってゆっくりしたいわ~」と言っているのを耳にします。

モロッコ人にとって、ローカルハマムは貴重な癒しの場。

☆ローカルハマムでは入口で垢すりを別途お願いする。

☆ホテルなどの施設では垢すりはハマムのセットに含まれていることが多い。

モロッコに行かれたらぜひ体験してみてくださいね!