【MOROCCANS CACTUS OIL MASK 開発まで】

モロッカンカクタスオイルマスクのベースとなっているのは、無添加の原料で出来ているオールインワン美容液。

無添加化粧品を開発して30年余りのベテラン研究チームが、お肌に有効で害がなく結果を出せる無添加美容液を誕生させました。

その製品の素晴らしさに感動した事がきっかけとなり、カクタスオイルを配合し、植物の力を感じてもらえる効果的な美容液が出来るのでは!そんな私達の思いから、カクタスオイルマスクの開発はスタートしました。

 

製品作りにはレシピがとても重要です。

良い原料を使用しても配合を間違えてしまったら全く別の物に変化してしまう。正に化学の世界です。そして天然の植物を使っている事を念頭に置いて育てるように開発を進めました。

元々オールインワン美容液でも効果的且つ、すべての原料を厳選して製造している製品です。

カクタスオイルを配合するということは、単純に混ぜれば良いもの。という事ではなく、いかに現在の原料と共鳴し合い、肌に結果を感じてもらえるか。そして植物のエネルギーを発揮する。とても重要な課題でした。

 

マスクが分離するギリギリのラインまでカクタスオイルを配合し黄金比率を探りました。

何度もテスト、開発を続け3タイプのクリームが上がってきました。

オーガニック&サイエンスから誕生したモロッカンカクタスマスク。

厳選された原料の事も皆さんに知って頂きたいと思い、成分と効果をここに記載致します。 


 -水-

化粧品で大切な要素「お水」モロッカンカクタスマスク開発者は、化粧品に適した素晴らしい水を求め、富士山の麓にたどり着きました。化粧品開発は水で始まり水で終わる。それほど水は大事な要素です。

 

-カクタスオイル-

モロッコ南部のミネラル分豊富な高級サボテンの実を年に一度7月に収穫します。

サボテンの実を800キロ~1000キロ収穫します。そこから約1リットルのサボテン種子オイル(モロッカンカクタスオイル)が抽出されます。

リノール酸、ビタミンEなど抗酸化作用も強く、保湿力にすぐれています。

人の肌に近く万能な種子オイルです。

 -ローズ水-

使用しているのはブルガリア産ローズ。ブルガリア産ローズは香り高く、マスクがほのかに香っているのはローズ水がその力を発揮しているから。香りは唯一脳まで届きエストロゲンの分泌を促す効果があります。また抗菌効果、殺菌作用がありマスクの状態をローズの植物の力で安定させ。加えて保湿効果、腐剤効果がありとても万能です。

 -植物性グリセリン-

マスクの原料にはヤシの実などの天然油脂を抽出したグリセリンを使用。グリセリンは人の身体を構成している天然アルコールの一種でもあります。肌の潤いを継続させ、弱酸性に保つ効果があります。

 -BG(サトウキビ植物由来)-

サトウキビ由来の天然保湿成分。アルコール系の苦手な方にもご使用いただけます。適度の湿潤性と抗菌力、吸湿力、溶解性がありさっぱりとした使用感が保たれます。防腐効果にも力を発揮します。※BGにはサトウキビから採れる植物由来と、石油由来があります。弊社は植物由来のみ原料に使用しております。

 

-酸化セリウムメタリン酸NA-

レアアース(希少土塁)を使用したノンケミカルの日焼け止め-

 

アクアセリアという新原料。無機物であるレアアース(希少土塁)の一種。

酸化セリウム(CEO2)別名セリア(CERIA)に独自の特許製法で白金担保することにより、水への分散に成功したもの。セリウムの持つ高い紫外線遮蔽効果を維持したまま、水性化している為、従来の紫外線散乱剤(酸化チタンなど)と比べても対応する紫外線波長の幅は格段に広く、水系でありながらUV-Bだけでなく、UVーAも遮断することが可能。化粧品UV原料としてその特徴を活かし紫外線吸収剤不要の完全なノンケ ミカル処方が可能となりました。※アクアセリアは(株)アプローズの登録商標です。


・グルコース

天然ポリマー(でんぷん)を原料とした天然成分。強力な保湿効果があり乾燥から肌を守ります。でんぷんの粘着質で製品の水分蒸発を防ぐ効果があります。

・グリセレス-26

ヤシ油より抽出。油性成分と水溶性成分をなじませ、乳化し安定させる働きをします。



 

・野菜油

パーム油、ヤシ油などの原料を使用し作られた天然由来成分です。軽くてやわらかい半固形原料です。製品を安定させ、水分の損失を防ぎます。



・水添レシチン

大豆から抽出したレシチン(自然界の植物のすべての細胞に存在している脂質の主要成分)に水素添加したもの。クリームにする為の乳化剤として使用します。

・ポリクオタニウム-10

植物から抽出される糖の一種。植物の細胞壁などを構築している物質です。油と水に馴染みやすい特徴があり活性剤の役割をしています。



・スクワラン

オリーブの実から分離圧搾方で抽出したバージンオリーブ油を原料としたもの。クリームの浸透力を上げます。

・ホホバ油

ホホバの実の種より抽出された種子オイル。アミノ酸たんぱく質が多く含まれ、シワの予防や滑らかな肌に整えるなどの効果がある。



・コメ胚芽油

米ぬかと米胚芽の有効成分を多く含んだ植物油。オリザノールや植物ステロール、リノール酸、トコフェロールなどの有効成分が含まれ美肌、美白効果などが期待できます。

・ヒアルロン酸Na

微生物を使い発酵法で得られるバイオ工法にて抽出。



加水分解コラーゲン(海洋性)

米ぬかと米胚芽の有効成分を多く含んだ植物油 魚由来のコラーゲンの為、変性温度も低いという特徴を持ちタンパク質が分解されやすく、極めて消化・吸収性に優れている。

・ヒアルロン酸Na

微生物の発酵により得られた高純度のヒアルロン酸。皮膚へのなじみの良さと高い安全性といった特徴がある。高い保湿能力ことでも知られており、ハリのある美しい肌を維持するための必須成分。



アルプチン

ツツジ科のウワウルシを主体とした成分が多く使用されている。これらの成分が肌の還元効果や美白効果を発揮します。

加水分解エラスチン

マグロから抽出した成分、皮膚の真皮などの結合組織にある線維状タンパク質。コラーゲン線維を束ね、皮膚の弾力とハリを保つ役割。組織に柔軟性を与える働きもある。加水分離することで低分子化し、肌や毛髪に浸透しやすく、保湿力が高まります。



DNA-K・RNA-Na

サケのから得られ、保湿効果、皮脂分泌コントロール、細胞賦活作用がある。

アルギニン

天然に存在するアミノ酸の一種。免疫反応の活性化、細胞増殖促進、コラーゲン生成促進など、創傷や褥瘡の治療を促す働きがある。



アスパラギン酸

天然に存在するアミノ酸の一種。主にタンパク質の合成に使われている。

PCA

角質層の細胞はケラチノサイトとNMF(天然保湿因子)からできており、NMFの保湿力で肌を乾燥によるダメージから防いでいる。NMFを構成する成分のうち、約40%を占めるのがアミノ酸、さらに12%を占めるのはグルタミン酸の代謝産物であるPCAです。皮膚中に多量に存在し、高い保湿能力を持つ。



グリシン

タンパク質を作るアミノ酸の一種。アミノ酸の中で一番小さく単純な構造をしている。動物の体内や植物中にも存在しており、安全性の高い物質。

アラニン

肝機能を強化し、アルコール分離を促進するアミノ酸の一種。また運動時のエネルギー源であるグルコースを生成する為、長時間の運動時に必要な成分。



セリン

シルクのプロテインから発見された非必須アミノ酸の一種。脳を構成する神経細胞の材料となる為、脳にとって重要な成分。また美肌を保つ効果や睡眠を改善する効果もある。

バリン

必須アミノ酸の一種。筋肉の強化や疲労回復効果がある。また成長エネルギーの促進や、血液中にある窒素のバランスを調整する効果もある。バリンはロイシン、イソロイシンと共にBCAAと呼ばれ、運動時のエネルギー補給としてサプリメントなどに配合されている。



プロリン

タンパク質などを構成する非必須アミノ酸の一種。コラーゲンの主要な構成成分のひとつ。関節痛の改善効果や美肌効果、脂肪を燃焼する効果など様々な効果が期待されている。

トレオニン

トレオニンはスレオニンとも呼ばれ、人の体内では合成が不可能な必須アミノ酸の一種。薬効を有する物質でもあり、具体的には筋肉が過度に緊張する脊髄痙縮の症状を和らげる力がある。



イソロイシン

必須アミノ酸の一種。筋肉の強化や疲労を回復させる効果がある。イソロイシンはバリン、ロイシンと共にBCAAと呼ばれ運動時のエネルギー補給としてサプリメントなどに配合されている。

ヒスチジン

大人は体内で合成でき、子供の場合は合成できない為、子供にとっては必須アミノ酸となる。体内で成長に関与し、神経機能補助を行う。また慢性関節炎の関節緩和、ストレスの軽減などの効果もある。



フェニルアラニン

必須アミノ酸の一種。食事から栄養分として摂取しなければならない成分。肝臓でチロシンに変換され、ノルアドレナリンやドーパミンなどの興奮性の神経伝達物質を作り出す。神経を高揚させ、血圧を上げる作用や、記憶力を高める効果などがある。

デキストリン

じゃがいも、とうもろこしのデンプルより作られる。デンプンを科学的、あるいは酵素的な方法により低分子化したものの総称。デンプンと麦芽糖の中間にある。水溶性で容易に消化、吸収される。



グリチルルチン酸2K

甘草の根や茎より抽出、生成した成分。別名は甘草エキスです。抗炎症、抗アレルギー、解毒作用を持つ。摂取量が1日40mgを超えると、偽アルドステロン症という内蔵の分泌を疾患を発生する恐れがありますが、薬事法で配合上限が厳しく規制されておりますので副作用が起こる可能性はございません。

アルギン酸Na

天然海藻から得られ、食品の増粘剤、ゲル化剤、安定剤として古くから利用されている。



水添レシチン

大豆や卵黄を原料とした天然由来成分。主に乳化剤として使用されている。

海塩

沖縄県、宮古島で精製される海水塩。これまでになかった製法でナトリウム、マグネシウムなどの成分の種類を18種検出する事に成功。通常の製塩法では取り除かれる「にがり」成分も含まれているのも特徴です。



塩化Na

いわゆる食塩の事。必須ミネラルであるナトリウム源として、生命維持になくてはならない需要な物質です。

乳酸Na

保湿作用の高いフルーツ酸。グリセリンと似た性質を持っており、エマルションの安定助剤として使用。



ポリクオタニウム−51

別名リピジュアと呼び、医療用の生体適合成分として研究・開発されました。例えば臓器移植する際に人口臓器の表面にリピジュアをコーティングして使用。またリピジュアの保湿力はヒアルロン酸の約2倍。保湿だけではなく皮膚のバリア機能を高める作用がある為、アトピー性皮膚炎のような乾燥性敏感肌に対しても効果が期待できる。

カプリン酸グリセリン

ヤシ湯脂肪酸のカプリン酸と、グリセリンのモノエステル、油性成分。エモリエント効果や保湿効果、乳化作用がある。乳化剤として皮膚への油分補給、乾燥を防ぎしっとりと柔軟性のある皮膚に保つ為に配合。



・ラウリン酸ポリグリセリルー2

ヤシ湯、パーム核油から得られるラウリン酸と、ジグリセリンから得られるエステル。水分と油分を乳化し、品質を安定させる効果に優れ、またエモリエント効果がある。乳化剤や洗浄剤、気泡剤、乳化安定剤に使用。

ラウリン酸ポリグリセリルー10

植物脂肪酸のラウリン酸と、水溶性保湿成分のポリグリセリンー10のエステル。乳化作用があり、水分と油分を乳化し品質を安定に保つ効果に優れ、人の皮脂に似ている成分です。皮膚に保護膜を張り、潤いを保つ保湿効果、エモリエント効果があります。



ポリクオタニウム−10

植物系天然セルロースから出来た粘着剤。      (セルロース食物繊維の一種で植物などからつくられ食品にも使用されている)

2PCA-Na

ピロリドンカルボン酸ナトリウムとも言い、肌の角質に含まれる成分。NMF(天然保湿因子)の一つ。無色透明な液体で、アミノ酸から化学合成し製造します。肌の潤いを保ち、しっとりさせる働きがある。基礎化粧品などに使用。中和していないものをPCA(ピロリドンカルボン酸)とも言います。同様に使用します。



PEG-1ラウリルグリコール

天然成分から抽出された乳化剤。両性界面活性剤、殺菌効果があります。

クエン酸Na

一般的な化粧品はPH調整剤で調整するのが多いが、調整剤を使用せず、クエン酸で調整しています。