【MOROCCANS CACTUS OIL MASK 開発秘話】

モロッカンカクタスオイルマスクのベースとなっているのは、無添加のオールインワン美容液です。

無添加化粧品を開発して30年以上のベテラン研究チームが、お肌に有効で害がなく結果を出せる無添加美容液を誕生させました。

その製品の素晴らしさに感動した事がきっかけとなり、カクタスオイルを配合すれば、もっと効果的な美容液が出来るのでは!そんな私達の思いから、カクタスオイルマスクの開発はスタートしました。

 

製品作りにはレシピがとても重要です。

良い原料を使用しても配合が違えば別の物に変化してしまう。

元々オールインワン美容液でも効果的な比率が素晴らしく、すべての原料を厳選して開発しているのでカクタスオイルを配合するということは、単純に混ぜれば良いもの。という事ではなく、いかに現在の原料と共鳴し合い、肌に結果を感じてもらえるか。重要な課題でした。

マスクが分離するギリギリのラインまでカクタスオイルを入れる。何%が黄金比率なのだろうか。何度もテスト、開発を続け3タイプのクリームが上がってきました。

効果が出るものがきっとこの研究者なら出来る!と信じ、最後のサンプルが上がって来た時には感謝しかありませんでした。そんな大事に大事に育ててきたモロッカンカクタスマスク。

原料の成分と効果をお伝えします。


 -水-

化粧品で大切な要素「お水」モロッカンカクタスマスク開発者は、化粧品に適した素晴らしい水を求め、富士山の麓にたどり着きました。化粧品開発は水で始まり水で終わる。それほど水は大事な要素です。

 

-カクタスオイル-

モロッコ南部のミネラル分豊富な高級サボテンの実を年に一度7月に収穫します。

一つの実から約100粒の種が採れます。サボテンの実を1000キロ集め、そこから約1リットルのサボテン種子オイル(カクタスオイル)が抽出されます。

リノール酸、ビタミンEなど抗酸化作用の強い人の肌にとても有効なオイルです。

 -ローズ水-

使用しているのはブルガリア産ローズ。ブルガリア産ローズは香り高く、マスクがほのかに香っているのはローズ水がその力を発揮しているから。香りは唯一脳まで届きエストロゲンの分泌を促す効果があります。また抗菌効果、殺菌作用がありマスクの状態をローズの植物の力で安定させ。加えて保湿効果、腐剤効果がありとても万能です。

 -植物性グリセリン-

マスクの原料にはヤシの実などの天然油脂を抽出したグリセリンを使用。グリセリンは人の身体を構成している天然アルコールの一種でもあります。肌の潤いを継続させ、弱酸性に保つ効果があります。。

 -BG(植物由来)-

サトウキビ由来の天然保湿効果があります。アルコール系の苦手な方にもご使用いただけます。適度の湿潤性と抗菌力、吸湿力、溶解性がありさっぱりとした使用感が保たれます。防腐効果にも力を発揮します。

 


・グルコース

天然ポリマー(でんぷん)を原料とした天然成分。強力な保湿効果があり乾燥から肌を守ります。でんぷんの粘着質で製品の水分蒸発を防ぐ効果があります。

・野菜油

パーム油、ヤシ油などの原料を使用し作られた天然由来成分です。軽くてやわらかい半固形原料です。製品を安定させ、水分の損失を防ぎます。



・野菜油

パーム油、ヤシ油などの原料を使用し作られた天然由来成分です。軽くてやわらかい半固形原料です。製品を安定させ、水分の損失を防ぎます。

・グリセレス-26

ヤシ油より抽出。油性成分と水溶性成分をなじませ、乳化し安定させる働きをします。



・水添レシチン

大豆から抽出したレシチン(自然界の植物のすべての細胞に存在している脂質の主要成分)に水素添加したもの。クリームにする為の乳化剤として使用します。

・ポリクオタニウム-10

植物から抽出される糖の一種。植物の細胞壁などを構築している物質です。油と水に馴染みやすい特徴があり活性剤の役割をしています。



・スクワラン

オリーブの実から分離圧搾方で抽出したバージンオリーブ油を原料としたもの。クリームの浸透力を上げます。

・ホホバ油

ホホバの実の種より抽出された種子オイル。




・コメ胚芽油

米ぬかと米胚芽の有効成分を多く含んだ植物油。オリザノールや植物ステロール、リノール酸、トコフェロールなどの有効成分が含まれ美肌、美白効果などが期待できます。

・ヒアルロン酸Na

微生物を使い発酵法で得られるバイオ工法にて抽出。