光毒性・ベルガプレンとはー


精油などを直接お肌につけた状態で日光に当たることから、主に柑橘系の精油(エッセンシャルオイル)に含まれている成分に反応しお肌が敏感になる状態のこと。精油の中に含まれるフロクマリン類という成分が紫外線に反応し貯蓄、貯蓄されたエネルギーは皮膚内に一気に放たれるため、短時間で強いタンニング(日焼け)を起こしシミや炎症など様々な皮膚トラブルを招く原因となります。

これらを含む精油の代表として、グレープフルーツ、ベルガモット、レモン、ライムなど。

(植物から抽出される精油はエネルギーが非常に強く、お取り扱いには十分注意が必要です。)


弊社の製品は原料の段階にて安全性の検査をしております。

製品として完成、販売時に再度光毒性の検査を実施しておりますので一日中安心してご使用頂けます。

光毒性はございません。検査機関より了承を頂き検査結果を下記にて公開しております。